<< 今の状態でもし・・ | main | 金融政策据え置き >>

スポンサーサイト

0
    • 2012.05.30 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    また日銀

    0
       これは上念司さんが仰ってたのですが

      『コアCPIを見て日銀は物価の判断をするので原油価格が上がると
      コアCPIが連動して上がるので、金融引き締めに向かうでしょう。』

      コアCPI(通常の消費者物価指数から生鮮食品を抜いたモノ)だけでは価格の上下が激しい
      エネルギーの価格に指数が吊られて上下して景気の実情をつかむのに適さないので
      コアコアCPI(食料(酒類を除く)及びエネルギーを除いたもの)で金融政策の判断をしないと駄目だという事です。

      それで日銀の2月の金融緩和発言から3月に入るとまだ景気浮揚の実感も出ないウチに金融引き締めに入りましたが、ちょうどその頃からガソリン価格が上昇したという話題が出始めましたよね?(実情はもうチョイ前からですが)

      大方の予想の通りコアCPIでの判断に基づいたようですね。

      統計局のコアコアCPIを(22年から先月までの)見た所、やはりちっとも指数は上がっておらずむしろその2年前よりも下回ってますから(1月よりは上がってますが景気に影響を与える程では・・)この金融引き締めは・・

      またやらかしたな日銀・・。

      という所でしょうか・・。

      社会・経済 ブログランキングへ

      スポンサーサイト

      0
        • 2012.05.30 Wednesday
        • -
        • 23:44
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM